十輪院は元興寺旧境内の南東隅に位置し、静かな奈良町の中にあります。
寺伝によりますと、当山は元正天皇(715-724)の勅願寺で、元興寺の一子院といわれ、
右大臣吉備真備の長男・朝野宿禰魚養(あさのすくね なかい)の開基とも伝えられています。



今月のお話(こころの便り)

悲しみのない看取り

「みとりびと」というDVDを見ました。わずか15分くらいの物語ですが、実話に基づいています。人の死は悲しいもの、特に家族の死は辛く、追慕の念がつのります。しかし、必ずしもそうでない場合もあります。この物語はそこにスポットを当てています。ある山深い山村の集落に老夫婦が暮らしていました。おじいさんは96才、おばあさんは92才。おじいさんはひ孫が学校の帰りによって・・・<続きを読む>

〒630-8312 奈良市十輪院町27 TEL.0742-26-6635
<毎週月曜日(祝日の時は、翌火曜日)は閉門日です。入山・墓参・拝観はできません。>