十輪院は元興寺旧境内の南東隅に位置し、静かな奈良町の中にあります。
寺伝によりますと、当山は元正天皇(715-724)の勅願寺で、元興寺の一子院といわれ、
右大臣吉備真備の長男・朝野宿禰魚養(あさのすくね なかい)の開基とも伝えられています。



今月のお話(こころの便り)

「家に帰れない先祖たち」

日本人は昔から先祖を大切にする民族です。また先祖の霊に畏怖の念を抱いたり、守護神のように崇めたりするのも日本人の特徴といえます。特にお盆の諸行事は先祖の霊を慰めるものとして、今でも各地で盛んに行われています。・・・<続きを読む>

〒630-8312 奈良市十輪院町27 TEL.0742-26-6635
<毎週月曜日(祝日の時は、翌火曜日)は閉門日です。入山・墓参・拝観はできません。>